本文へスキップ

公益社団法人 日本カーリング協会 公式ホームページ

医科学委員会からのお知らせ Medical and Scientific Committee

アンチ・ドーピングに関する情報

医科学委員会から新しい情報をお知らせいたします。
本年1月8日に日本カーリング協会加盟協会長・事務局長さんに文書でご案内をしましたが、選手や指導関係の皆さんはJCAホームページをチエックしている方が多いと思いますのでアンチ・ドーピングに関する情報を提供します。

◆なぜドーピングはいけないのか?
ドーピングとは、故意に競技力を高めるために薬物などを使用したり、その使用を遮蔽することです。ドーピングは、

(1) 競技者の健康を害する
(2) フェアープレーの精神に反する
(3) 反社会的行為である 

という理由から禁止されています。「ズル」してまでも勝つために手段を選ばない行為は、スポーツの健全な発展と妨げるもので、ドーピング検査は、選手を不正行為から守り、また、鍛えられた体力と研ぎ澄まされた技能、作戦の展開によるカーリング競技は、選手にのみならずそれを観ている国民に大きな感動とスポーツの歓びを共有させてくれます。

世界ドーピング防止機構に世界の国やスポーツ関係機関、団体が加盟し、(財)日本アンチ・ドーピング機構には国内のスポーツ機関、競技団体が加入し、我々日本カーリング協会も加入して誓っています。カーリング競技者も関係者もしっかりしたアンチ・ドーピングに対する認識と教育が求められています。
⇒ ドーピングの詳しい情報は、インターネットで「(財)日本アンチ・ドーピング機構」を開いてドーピングに関する最新情報をご覧下さい。


◆世界ドーピング防止規定「2010年禁止国際基準」が公布されました。

添付ファイルをご覧下さい。今年1月1日から適用になっていますので、今後のJCA、PCF、WCFの各大会に適用されますので、該当の方は熟読してください。⇒ 「2010年禁止国際基準」

◆「使用可能リスト及び禁止表があります。

ドーピングについては、禁止リストが強調されていますが、使用可能の薬は?との質問が多くあります。
調べたところ、(財)日本体育協会」の「日本国民体育大会」のホームページにリストがありましたのでお知らせをいたします。リンクを貼ることは日本体育協会から承認をいただいております。参考にしてください。

http://www.japan-sports.or.jp/d kokutai/kinshi.html

◆薬物相談ホットラインのお知らせ
(財)日本薬剤師会は、薬剤師会ドーピング防止・ホットラインを開設しました各都道府県の薬剤師会に相談窓口を設置していますので、使用の薬やサプリに関して不安がある場合は気軽にご相談下さい。